スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

久々の~

久々のオーディオです。
食べブログ化していてなんちゃら…車とオーディオどこいった!
と自分で思います。言い訳しません~。

普段プリアンプはC20を愛用しております。
1959年にMcintoshがステレオプリアンプとしての初製品。
これ以降のC22の方がデザイン的にMcintoshらしいので人
気ですがC20は整流に真空管を用いてC22はコンデンサー。
この差はデカイと思っております。
ボリュームもC20は片方で2つ使用しており合計で4つのライン。
お金かかってるな~と思います。

今回オイルコンデンサーが劣化してきたため、予備が来るまで
応急処置。右の黒いコンデンサー上に現代のを2個追加。
これでOK。
また毎日まったり音楽を楽しんでおります。

c20-1-2.jpg
c20-1-1.jpg

スポンサーサイト
19:48 | オーディオ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

愛用ラジオ

我が家の愛用ラジオです。
ナショナルBX-210号機。高周波1段増幅の高級機だったりします。
真ん中のマジックアイを見ながら揃える事を知っている人は年齢が
バレるかオタクですね。
中は完全にオーバーホールをして現代でも使用できるようにしました。

因みに短波とAMしか拾わないので全くを持ってラジオの機能は使え
てません。なので途中回線を増やしてCD,Ipodを繋げられるように
してあります。
勿論音は広域も低域も出ませんが味のある音に仕上がってます。

radio.jpg

19:49 | オーディオ | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

マニアとの差異

普段お世話になっているオーディオ屋さんにいってきました。
素敵なスピーカーから良い音色。この音いいですね~と聞き入っておりました。

マニア、オタク、HENTAI等言われてる自分ですがこの辺にも差異があるみたい
ですね。たとえば写真のスピーカー。このサイズと見てくれを家に置く勇気が
あるのか? いくら音が良くても劇場の天井やらに吊ってあるこれらは見た目
的には性能だけですね。 これがまた良い!といっている時点でオタクなのでし
ょうか・・・?
良い音なんですけどね~

wes.jpg

22:12 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

メンテ

週末どこにも行かずに家でだらだらとしてます。
ちとプレーヤーの速度がおかしかったのでチェック
したらコンデンサーが抜けて来ていたのでメンテ開始。
私が愛用しているEMT927はすでに50歳代。なのに
新品パーツが現存しているので助かります。
さすが放送局用だな~と感嘆するばかりです。
写真に写っております緑色のホーローコンデンサーを交換。
ここ、触れるだけで中々のビリビリが来ます。

本来この機種は放送局のコンソールに入っているのを抜いて
使っています。故に内臓剥き出し。
電力の変換もこの側面のハンダ部分で変更。
240Vが剥き出しですよ。
2回程触れて逝きそうになりました。

927側面

20:39 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

針掃除

またもやレコード漁りの為、新宿にあるディスクユニオンにおりましたら、
不思議な針掃除道具がありましたので購入。
シリカジェルみたいな塊に針を自重で押し付けると奇麗になる代物です。
本体が汚れてもセロテープで押し付ければ奇麗になるので無限に使える
のがありがたいものです。そして蓋が虫眼鏡になっており針先確認まで
出来るのがうれしい1品です。

harisouji.jpg

19:43 | オーディオ | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

最近

学生から社会人になり音楽趣味をさらに向上させたい年頃がありました。
そのきっかけをくれたお方の家で拝見した真空管の幻想に魅せられて
ここまではまってしまいました。
ボーナスでがんばって購入した最初のアンプ、マッキントッシュMC-30です。
1953年~の製造でありますのでステレオな物では御座いません。2台用意
して左右のスピーカーに1台づつでステレオにしておりました。
最近は出番がほとんど無く稀に通電と音チェックのために使用しているに過ぎ
ませんでした。
たまには引っ張り出してセッティングでもしてやらんとです。

amp.jpg

12:40 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

デッドストック

家の荷物を見てみたら、昔にサブスピーカーとして
購入したテレフンケン製スピーカーを発見!
存在をしっかり忘れておりました。
デンマークラジオステーション放出のときに買った思い出の
一品なのですがその辺はまあ時効ってことで気にしない事
に致しましょう。写真では1つですがちゃんとペアで所有して
おります。

格子状の奥には10センチほどのツィーター、22センチの
ウーハーが装備されている2way仕様になります。
音はさすがにモニタースピーカーとして設計されているだけに
フラットな感じです。

何処で使おう。。。



te.jpg

11:34 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

暖かくなってくると・・・

日中暖かくなり夜は少しだけ冷えるこの時期、調子が悪くなるものがあります。
我が家の音楽を聴く大事な機材でプリアンプのボリュームを上げますと少しだ
ガリ音がのって来ます。

早速掃除してから接点復活剤でお掃除しようと横から検査してましたら、なんで
しょう。このアングル、機械フェチにはビンビン来るものがありますね~。
左側から電源付4連ボリューム、コンデンサー、整流館等並んでおります。
1959年にデザインされたとは思えないほど美しいと思うのは自分だけ?

こういう話を女性陣にするとまず100%スルーされます。なので合コンにてご法
度な会話の1つになります。

このフェチズム、FUTUROさんには通じるはず!多分通じるはず!絶対通じて!

puri.jpg

15:44 | オーディオ | comments (3) | trackbacks (0) | edit | page top↑

音が変?

GW中は混みそうなのでどこも行かずに音楽&友人との談がメインでした。
朝起きて食事の用意をする前に今日の1枚、をセットして聞いていますと
なんかノイズが入るではありませんか!早速全回路チェックしようと真っ先
にターンテーブル、昇圧あたりをチェック!昇圧トランスのアース線が外れて
おりました。
即ハンダにて固定。これにて再度聞聴致しましたらノイズは消えており安堵
致しました。
GW中に起こったつかの間の出来事はこれくらいしか無いのが寂しい所です。

トランス

12:31 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

真空管

現代オーディオのデザイン、未来を見ているようでありハイエンドな雰囲気を
醸し出しているのは重々承知な所。
そのハイエンドとは逆行している半世紀の時間が過ぎた当時のアンプがこれ。
今見ても斬新なデザインであり、人の温もり、スピーカーからの歌声に等身大
の歌手が垣間見えてくる、、。歌い手の口がフッと開くのが見える感じで。。。

こんな魔法のようなことを普通に設計できてた時代に嫉妬です。

mcin.jpg

10:12 | オーディオ | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。