スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--:-- | スポンサー広告 | edit | page top↑

退院

8月から続いた目の病気、今回で完全完治致しました。

前回はなんか1ヶ月ほどの入院なのに一人でそそ~と帰宅したのですが、
今回は静かに退院ではなく、Aさんが退院迎えに来てくれました。
おかげで元気と安堵を頂きました。
今まで病院食を食べておりました故にまずはおいしいご飯!ってことで
そのまま沼津港に直行、青魚のおいしい店に行って昼ごはん。これは生
き返りましたよ~。病院食はあまりに、、、ですものね。

が!帰り道、あまりにも睡魔が酷く、SAに車を停めて仮眠してAさんをSA
に放置して待たせてしまったり、かなりの珍道中がありましたが無事に家
につく事が出来ました。

yuuhi.jpg






スポンサーサイト
07:00 | 日々の一片 | comments (8) | trackbacks (0) | edit | page top↑

まぐろ塊

17日、無事に退院しました。なんとか完治致しました。

そして18日の日、釣り好きの友人から「魚釣ったから持ってく!」との連絡が
あり楽しみにしてたのですが、まさかマグロ釣ってきたとは。。。
庭で勝手に捌いておりましたよ。半身もらったのですがこの量・・
マグロに不自由しない日が続きそうです。

maguro.jpg




22:23 | 家で料理&食 | comments (4) | trackbacks (0) | edit | page top↑

ヨーロピアン・ファースト・レディ・オブ・ジャズ

リタ・ライスのレコードの再発重量盤がプレスされたので待ってましたと
購入してきました。
1958年、オランダ、ヒルヴェルサムで録音された「Philips」が原盤になり
ます。
リタ・ライスはヨーロピアン・ファースト・レディ・オブ・ジャズと呼ばれたオ
ランダの女性シンガーでジャケットの感じどおりに歌も甘ったるいこともな
く、クール的でハスキーな声を聞かせてくれる一枚。
ピム・ヤコブ、ルディ・ーヤコブス、ウェッセル・イルケンの素晴らしいメン
バーでの録音。

個人的にA面のOld Devil Moonが彼女の声とマッチして聴かせてくれます。

thecool_20100212005043.jpg

20:24 | レコード | comments (2) | trackbacks (0) | edit | page top↑

しょうがない

色々またあって篭っております。
8月の続きですね。
篭り終える日は内緒ということで。PC持ち込めるのが
唯一の救い。
これで更新出来るし溜め込んだ写真整理でものんびりし
てようかな。

bixyo-in1.jpg

16:17 | 日々の一片 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

Contract盤

クロード・ウィリアムソンのContract盤”The Fabulous Claude Williamson Trio
のスペイン盤を発見。即購入してきました。アメリカ盤とジャケットが違うのです。
個人的にこのスペイン盤が好きで購入しました。
1961年の録音。

カクテル・ピアニストというとクロード・ウィリアムソンを即連想してしまいます。
ROUND MIDNIGHTも代表アルバムとはいえカクテルっぽくない気がしてどうしてもこ
っちの盤がクロード的に思えてまりません。

フランク・シナトラの愛唱歌をjazzにアレンジして弾いている盤なのですがシナトラ
の自己レーベル=リプリーズと同じ時期に録音されているのでなにかしらあったので
は?と思う一枚です。

thefabu.jpg

15:34 | レコード | comments (1) | trackbacks (0) | edit | page top↑

料理~

料理を面倒と思う時期、する時期、色々混沌なときがありましたが
最近苦ではなくなりました。

そんな中、大好物の海南鶏飯教わりましたので早速料理。
Snowさん曰く、鶏飯に使われる甘い中国醤油を手に入れるのが相当む
ずかしい、との事でしたので即席で代用しました。
醤油、みりんを煮詰めてそこに甜麺醤を少し投入。少し煮込んでたれ
の完成。

夏やさっぱり栄養のときに重宝するレシピになります。しかもかなり
の割合で常用することになるでしょう~
tori.jpg

04:55 | 家で料理&食 | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑

更紗

インド更紗が好きで色々資料を集めていた所、古書祭りでいい物を発見。
即買いました。
五島美術館で開催されていた「こだわりさらさ」展 
これも買いそびれていた本の1つでした。

インド、ネパール等で作られた更紗に海のシルクロードや神々の住むヒマラヤ
の文化、伝統が伝わってきます。明との勘合貿易にて日本に伝わり始め、室町
以降茶人により名物裂として茶器を包む大切な布として慎重された時代もありま
した。
大切にされ数百年の時を経て色あせない更紗の魅力はすばらしいものがあると
思います。

個人的に蔓や花、鳥をモチーフとしたのが多いペルシャ更紗が好みです。

sarasa1.jpg
sarasa2.jpg
sarasa3.jpg

16:21 | art | comments (0) | trackbacks (0) | edit | page top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。